住宅ローンについての情報

マンション経営に着手するには、
現金で購入資金の全額を所有していない限りは、一般的には住宅ローンを組んで資金調達します。
ですから住宅ローンについての知識が必要になります。

 

 

 

住宅ローンには幾つかの種類がありますので自分の状況に合っている種類を選択しましょう。
住宅ローンの種類は大きく分類して公的な住宅ローンと民間金融機関の住宅ローン、
それに協調融資という種類がありますので、自分にとって最も適切と思える融資を選ぶ必要があります。
住宅ローンについての知識が有りませんと、
不利な条件で借入になることが有りますので、
充分に住宅ローンについての情報を入手して金利や返済条件などについて勉強するべきです。
初めに調べるべきものとしては自治体などの公的機関による
「公的融資」が金利の点で有利ですので調べてみましょう。
都道府県や市町村が行っている融資制度もありますが、これには自治体が直接融資を行うものと、
別に金融機関が一定期間について利子を補給してくれる制度もありますので、
自分が住んでいる地域の自治体に問合せて下さい。
この他に「財形融資」と呼ばれる制度があって勤務先で財形貯蓄を1年以上行っていて、
残高が50万円以上ある人が利用できる融資制度もあります。
この制度では貯蓄額の10倍で最高4000万円まで借り入れできます。
また、民間融資やフラット35という制度と合わせて利用できます。
このように住宅ローンにも様々な種類と特徴がありますので、

それぞれ機関の担当者と相談してシュミレーションをしてもらうことをお勧めします。

 

会議室を貸してくれる場所ならオフィス東京事務所がオススメです。

フラット35のメリット

マンションなどの住宅を購入しようと考えている方にとっては住宅ローンについての知識が大切になります。
 

 

住宅ローンには色々な種類が有りますので、
種類の選び方で金利や返済方法が違いますので間違って借りてしまいますと長い間には大きな違いになります。
住宅ローンには自治体などが運営している公的融資と民間金融機関がお困っている住宅ローンがありますが、
この他にも民間融資と公的優位の中間的なものとして「協調融資」というものがあります。
一例として「フラット35」というローンがありますが、
これは住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われる融資で長期間固定金利が特長となる商品です。

 

このローンの受付は民間の金融機関で行っておりますが、金利は銀行の長期固定金利より低めに設定されております。
一般の銀行ローンに比べて有利なローンですが、利用できる物件についての次のような制限があります。
その制限は、省エネ設備、耐震構造、バリアフリー、耐久性・可変性
といった4つの性能による技術基準を満たしている必要があります。
この条件を満たしていれば、一定期間の金利引き下げが受けられる内容になっています。
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している
長期固定金利住宅ローンですが、資金のお受取り時に返済終了までのお借入金利と返済額が固定金利で確定します。
長期の固定金利ですので長期的に見ますと相当に得になるシステムでライフプランを立てやすくなります。