固定期間選択型と返済期間

住宅ローンには「固定金利型」と「変動金利型」の2種類がありますが、
この2つのタイプの中間型の「固定期間選択型」というタイプも出てきています。

 

この「固定期間選択型住宅ローン」では、
変動金利型と同じように返済期間中に返済額が変化しますが、
変動金利型との違いとしては5年や10年といった一定の期間を固定金利型と同じように固定する方法になります。

 

5年や10年といった一定期間を固定しますが、この期間が終了しますと終了した時点での金利が適用されます。

 

この固定期間が短いほど低い金利になりますが、最近は10年間でも大幅に金利を引き下げた商品も出てきています。

 

住宅ローンは借入総額を20〜35年のように長い期間をつかって金利を付けて元金を返済する方法で、
自分の収入の範囲で元利金の支払いを行う形の借入金です。

 

長期の期間をかけることで月々の返済額を低くしていますが、
返済する総額を計算しましと、実際には返済期間は短いほど返済総額が少なくなるので得になります。

 

つまり、返済期間が長いほど余分の金利を支払うことになるのです。

 

住宅ローンを借りるときの年齢によって違いは有りますが、最長では35年の返済期間の住宅ローンもあります。

 

しかし、収入見通しから判断して可能であるならば、
出来るだけ短い返済期間のローンにしたほうが結果的に総額では安い買い物になるのです。
例えば3000万円を借りたとしますと、35年ローンで支払う金利の総額は1505万円になりますが、
もし15年で返済できれば金利総額は601万円ですみますので、904万円も違いがでるのです。