返済方法の種類と特色

住宅ローンの返済方法には幾つかの種類があります。
 

 

一般的な返済方法としては
「元利均等払い」と「元金均等払い」の2つの種類がありますが、これらの違いは下記のようになります。

 

 

1,「元金均等払い」
返済額を一定の金額にするために元金の返済と金利支払いの比率を調整します。
この方法ですと毎月の元利金の返済額が固定されて
毎月同じ金額になりますので、返済予定を立てやすくなります。

 

この方式では毎月の元本の支払額を一定額に保つために、
毎月の元利合計の返済額は初めの内は高く設定されて、
後になるほど元本の返済が進みますので返済額が低くなります。

 

この方式は元本の返済を固定して優先的に返済しますので、
利息が早く圧しますので元利金の総額は元利均等払いよりも低く抑えられます。

 

 

2,「元利均等払い」

 

この方式は毎月の元金と利息の合計額を一定金額に固定しますので、初めの内は金利を
メインに支払って行きます。

 

その分だけ返済は後回しにされていますので、後半になってから集中的に元本の返済が進みます。

 

この方法で住宅ローンを組みますと、
もし途中で住宅を売却するときに元本金額が余り減っていませんのでびっくりします。

 

元本の返済は最後の方になって多くなるから途中での解約には不利になります。

 

また、最終的な元利金の総合計額は
「元金均等払い」のほうが「元利均等払い」よりも低く抑えられますので得になります。
これらの方法以外には「ボーナス時加算」という方法もあります。