住宅ローンの元利金返済タイプ

住宅ローンを利用してマンションなどを購入する方が多いのですが、
住宅ローンは借入金ですから一度借入をしますと
長い期間にわたって金利払いと元金の返済義務がついて回りますので
充分に納得して借りなければなりません。

 

一般的に住宅ローンは10年から35年ぐらいの長い期間にわたって返済していくものですから、
人生の働き盛りの大事な期間の殆どの時間に渡ります。

 

長い期間の事になりますので、
人生、長い間には色々なことが起きるものですから
自分と家族の生活設計を踏まえて住宅ローンを使うことが必要です。

 

さて、住宅ローンには固定金利と変動金利の2つのタイプがあります。

 

 

「固定金利型」の住宅ローンは、
長い契約期間中の金利を金融機関が設定している一定の率に固定しております。

 

金利というものは日銀の公定歩合の決定によって随時変動するものなのです。

 

住宅ローンで借りた時期の金利が低いとしても、
日本の経済状況によって
政府や日銀の考え方で公定歩合が上がりますと連動して金融機関の金利も上がってゆきます。

 

この金利の変化に対して連動させる住宅ローンを「変動金利型」住宅ローンと呼んでおります。

 

どちらが得かどうかは、社会全体の経済そのものの予測になりますから、
専門の学者でも正確には予測できないものです。

 

ただし、一般的には過去の金利水準の推移から見て
現在の金利が低い方であったなら音里が上がって行く可能性が高いので、
将来を考えますと「固定金利型住宅ローン」の方が安定した金額で返済できますので
予定が立ちやすいという意味では良いと考えられます。