固定金利型と変動金利型住宅ローン

住宅ローンには「固定金利型」と「変動金利型」の2種類があります。
住宅を購入するときに上記の2つのタイプのどちらかを選択する必要があります。

 

夫々にメリット・デメリットが有りますので自分なりに判断して選択するのですが、
基本的な夫々の特徴についてしておいて下さい。

 

 

 

◆「固定金利型住宅ローン」
本来の金利は日銀の政策で公定歩合が変わりますと、
長期プライムレートに連動して大部分の金融機関の政策で金利も変わるものです。
銀行ローンで資金を借りた時点で金利が低くても長い間には金利の上下があることが予想されます。
そうしますと元利金の返済も金利の変動に左右されて都度、
金額が変わりますので返済金額も変わってしまいます。

 

返済金額が度々変化しますと生活費などとの関係で予算が組みにくくなります。

 

このような変動は一般庶民にとっては困ることが多いので各金融機関は、
金利が変わっても変動させない「固定金利型住宅ローン」を用意しております。
この「固定金利型」のメリットとしては、
長期にわたる住宅ローン金利が一定ですので元利金の返済が変化しないのです。

 

これは金融機関が長期的な変動金利を予測して、平均的なところで固定させているのです。

 

資金計画という観点で考えますと「固定金利型」には計画が立てやすいというメリットが有ります。
とくに住宅ローンを借りるときの金利相場が過去の例から見て、
低い方でしたら将来は金利が上がる傾向が強いので固定金利型を選択したほうが良いでしょう。

 

 

 

◆変動金利型住宅ローン
上記の固定金利型の正反対ですが、
現在の金利水準が高めの時には将来は金利が下がってゆく可能性がありますので、
この変動金利型を選択したほうが賢いかもしれません。
ただし、将来の金利動向は予測が難しいことと、
返済額が上下しますので資金ぐりの点では難しい面があります。