ボーナス加算返済方式・無理しない借入

住宅ローンの返済方法として
「元金均等払い」と「元利均等払い」の2種類があるのですが、
もう一つの方法として「ボーナス時の加算返済」という方法もあります。

 

これは毎月の返済額に加えて年に1回または2回の
ボーナス支給時に毎月の返済額にボーナス金額を加えて返済するという方式のことです。

 

ボーナス分を多く返済しますので、
その分の返済期間を単祝することも出来ますし、毎月の返済金額を低く抑える事もできます。

 

この方法の問題点としてはボーナス時の返済額を高めに設定しますと、
万一ボーナス金額が勤務先の事情で減ってしまった時に返済ができなる危険があります。

 

この方式を採用するときにはボーナス金額を低めに抑えて行うべきでしょう。

 

住宅ローンは購入するマンションや戸建住宅等の不動産の相場との価値がしっかりしていることに加えて、
購入する方の収入が安定していれば借りる事が出来るものですが、
自分と家族の生活設計を考えて無理な金額を借りないように心がけるべきです。

 

無理して背伸びした高額の住宅を購入して住宅ローンで借金すると、
初めは良いのですが人生は長い間には予期していなかった様々なリスクも有るのです。

 

勤務していた会社が倒産して給料がもらえなくなることもありますし、
家族の誰かがケガや病気で予測していなかった支払いが発生することもあります。

 

住宅ローンは金融機関からの借金ですので、
借りた金は約束を守って返済しませんとせっかく購入した住宅も手放すことになります。

 

購入した住宅を失うだけで終われば良いのですが、
時期が悪いと低い金額でした売れませんので借金だけが残って大変なことになります。

 

くれぐれも借金であるということを肝に銘じて、無理な住宅ローンをしないことが大切です。